後援会について。津久見高校野球部後援会、会長(津久見市長)挨拶や役員紹介、入会案内について。

津久見高校野球部後援会

ご紹介フォーム

お問い合わせ

mv

後援会代表 挨拶

Mayor of representative of supporters association Tsukumi greetings

「野球のまち津久見の復活」に政治生命をかける

顔写真

津久見高等学校硬式野球部後援会

会長(津久見市長) 川野 幸男

皆様におかれましては、ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

津久見高等学校硬式野球部は、昭和22年に発足し、昭和27年に故小嶋氏を監督に迎え、昭和42年選抜大会全国優勝、昭和47年には、選手権大会で全国優勝を成し遂げるなど、甲子園の常連高として全国に名をはせ、昭和63年までに、夏12回、春6回の計18回甲子園に出場しています。しかし、平成元年から現在まで、残念ながら甲子園出場が遠のいている状況でありまして、津久見市民念願の甲子園出場、名門復活に期待しているところであります。

これまで後援会としましては、夏の大会前の激励会、野球用具の提供、強化試合の支援等の取組をOB会と連携し実施してきましたが、さらに輪を広げ、1市1校であります津久見高校野球部を市民・企業をあげて支援し、津久見市全体で温かく育成支援する環境を整えたいと思います。そして、野球部の強化はもとより、地域貢献活動なども行い、津久見高等学校及び津久見市の発展に寄与したいと考えているところです。

津久見市ならではの市民・企業あげての後方支援体制を整備し、「野球のまち津久見」の復活をわたくし自身が陣頭指揮を執り、政治生命をかけて成し遂げます。

本会の趣旨をご理解の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。

後援会役員構成

Supporters association officer constitution

これまで代々の役員は、長年に渡り津久見の地に深く根ざし、津久見市の繁栄に尽力してきました。
その志は時を越えて現役員へと受け継がれ、役職の垣根を超え、それぞれが懸命に活動しています。
今後も現会長を筆頭に、我々役員が「野球のまち津久見の復活」に向け積極的に活動します。

平成28年10月現在

名誉顧問
岩﨑泰也
前津久見高校硬式野球部後援会会長
会長
川野幸男
津久見市長
副会長
古手川保正
津久見商工会議所会頭
副会長
古手川正治
大分県議会議員
副会長
戸髙鉄洋
㈱戸髙鉱業社専務取締役
理事
黒田浩之
津久見市議会議長
理事
小池敦裕
太平洋セメント株式会社大分工場長
理事
平山正雄
津久見市教育長
理事
野下十三生
津久見高校硬式野球部OB会会長
理事
吉本幸司
津久見高等学校同窓会会長
理事
高橋文洋
津久見高等学校校長OB
監事
塩崎辰幸
津久見高校硬式野球部後援会監事
監事
黒枝泰浩
津久見高校硬式野球部OB会監事

ご入会について

About the enrollment

「野球のまち津久見の復活」は、津久見高等学校硬式野球部の活躍に大きく依存しています。
弊会へ皆様方からの直接的な資金注入により、移動バスや野球部寮の整備など、
今、選手たちに必要な事項の優先順位に則り、様々な改善を進めることができます。

皆様方からのご支援は1円たりとも無駄にはいたしません。いただいたそのお志を、
弊会の信用にかけて、しっかりと野球部へと伝えることをお約束いたします。
皆様方のご理解とご協力を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

◯ 企業団体会員様
1口
10,000円/年
◯ 個人会員様
1口
3,000円/年

些細な事でも構いません。
ご入会についてご不明な点や、ご質問がございましたら、
どうぞお気軽にお問合わせください。